米国会へ「仮想通貨の200ドル未満の利益は免税」法案が提出

The Blockが日本時間17日に報じたところによると、仮想通貨取引で発生した200ドル未満の利益を免税とする法案が米国会に提出されたという。2014年に内国歳入庁(IRS)が仮想通貨取引の利益は大小問わず課税の対象と規定したのに対し、税負担が原因で仮想通貨を決済手段として使用することを妨げていると指摘されていた。

Previous:

Next:

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com