速報

2019-10-24 • 星期三
03:30

Ripple社幹部、米国の仮想通貨規制の明確化求める

Ripple社のグローバル政府関係責任者Michelle Bond氏は、21日のデジタル商工会議所のパネルディスカッションで、仮想通貨が証券に該当するかを判定するHoweyテストが4項目から38項目に増加し混乱を招いているとし、米国の規制の明確化を求めた他、CFTCの仮想通貨への方針については称賛した。
参照元

03:30

BitMEX、1日あたり推定約700,000ドルの手数料収入

仮想通貨分析会社TokenAnalystの共同設立者であるSid Shekhar氏によると、仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXは
Bitcoinデリバティブ市場の中で中心的な位置におり、1日あたり推定約700,000ドルの手数料収入を得ているという。
参照元

03:30

ソフトバンク、IBMらと提携で20年にブロックチェーン決済システム導入へ

ソフトバンクは23日、日本IBMおよび通信事業者向けブロックチェーン開発を行う米企業TBCASoftとの提携を発表した。2020年にブロックチェーン技術を活用したキャリア間決済システムを首都圏を中心に本格導入することを目指すという。
参照元

03:30

オランダのメガバンクING、R3のCorda Blockchainのプライバシーソリューションを提案

オランダのメガバンクであるINGは、R3のCorda Blockchainが課題としているセキュリティとプライバシーのトレードオフに対するソリューションを提案した。具体的には、ゼロ知識証明(ZKP)をCordaに取り入れる提案を行なったとのこと。
参照元

03:30

Binance、法定通貨導入にサードパーティプロバイダー利用

仮想通貨取引所BinanceのCEOであるCZ氏はロシアメディアRBCの取材に対し、先日行ったBinanceでロシアルーブル建ての取引を開始するとの発表について、法定通貨導入にはサードパーティプロバイダーを利用する考えを明らかにした。具体的な企業名は明かしていない。また、将来的にアカウントに紐づけられたデビットカードの発行も計画しているという。
参照元

03:30

ANNA、デジタル資産の標準化に向けタスクフォース設立へ

Association of National Numbering Agencies(ANNA)は金融市場におけるデジタル資産の標準化に向けタスクフォースを設立した。国際標準化機構(ISO)が採用する適切な国際証券識別番号(ISIN)の検討を行うため、暗号通貨やブロックチェーン技術に関しての調査を行うとのこと。
参照元

03:30

Google、「量子超越性」の実証に成功と発表

Googleは23日、量子コンピューター「量子超越性」の実証に成功したと正式に発表した。nature誌に論文が投稿された。今回実証された量子超越性は、一部の問題に対して既存のスーパーコンピュータより高速であることを示したもので、発表された論文では暗号技術については言及されていないという。
参照元

03:30

PeerNova、3100万ドルを資金調達

ブロックチェーンスタートアップPeerNovaはシリーズBラウンドで3,100万ドルの資金調達を実施した。ビットコインのマイニング事業を主体として事業を開始した同社だが、エンタープライズのブロックチェーン開発に重点を移すとのこと。
参照元

03:30

Bitcoin、7500ドル割る

Bitcoinの価格は直近24時間で断続的に大きな下落を見せた。日本時間23日21時半ごろに7900ドル台から約500ドル急落し、現在は7500ドル割れで推移している。
参照元

03:30

CZ氏、Binanceは「次世代のAmazon・Facebook」

ロシアのメディアによると、仮想通貨取引所BinanceのCEOのCZ氏はモスクワで10月21日に行われたイベントで、Binanceを次の世代でのAmazonまたはFacebookのように考えていると発言した。また、Binanceを利用して犯罪が行われた場合に金融規制当局にユーザー情報を提供する可能性があるとした。
参照元

00:24

新たなBitcoin ETFが申請される

Coindeskによると、ケイマン諸島の資産マネジメント会社Kryptoin Investment Advisorsは、SEC(米証券取引委員会)に新たな
ビットコインETF「Kryptoin
Bitcoin ETF Trust」を申請した。仕掛け人は金の国際調査機関「ワールド・ゴールド・カウンシル」の元マネージングディレクターであるJason Toussaint氏だという。
参照元

00:24

ブロックチェーン業界のユニコーン企業、Bitmainが評価額トップ

スタートアップ関連の調査会社であるHurunは現在存在するユニコーン企業(未上場で評価額10億ドル以上のスタートアップ)のリストを公開した。それによるとブロックチェーン業界では11社が名を連ね、中国のマイニング大手Bitmainが最大の評価額で120億ドルの評価額をつけた。
参照元

00:24

ザッカーバーグCEO「Libraが機能するかはわからないが、試すことが重要」

FacebookのザッカーバーグCEOは米国議会金融サービス委員会で現在開かれている公聴会で、アメリカが革新しなければ今後の経済的地位が保証されないと指摘した上で、「Libraが機能するかはわからないが、新たな試みを実行することが重要」だと考えていると述べた。
参照元

00:24

ザッカーバーグCEO、公聴会に出席

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは米国時間23日現在、米国議会金融サービス委員会にて開かれている公聴会に証人として出席している。CNBCがTwitter公式アカウントで公聴会の様子をライブ中継している。
参照元

今天 • 2019-10-23 • 星期三
21:18

Litecoin Foundation、秘匿化技術MimbleWimbleの統合を提案

Litecoin Foundationはプライバシー保護を行うことを目的として秘匿化技術であるMimbleWimbleを
Litecoinに搭載する提案を行なった。メインチェーン自体への実装ではなくメインチェーンに並行して実行される「拡張ブロック」内での実装を目指していくという。
参照元

21:18

Libraアソシエーション各社、未だ1000万ドルの供託金支出せず

BBCはLibraアソシエーションに参加している各社が参加に必要な1000万ドルの供託金をまだ預け入れていないと報道した。また、供託金について正式な合意はされておらず、今月行われたミーティングでも供託金については話されなかったと見られる。
参照元

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com