速報

2019-08-18
02:24

韓済州島、ブロックチェーンのハブ都市目指し調査へ

韓国南部の済州島は、将来的に島をブロックチェーンの世界的なハブとすることを目指し、その戦略などに関して今年12月まで調査業務を行うための予算を拠出することを発表した。調査はクラウド・サービス・プロバイダのTilonが行う。同島は過去にブロックチェーン特区の候補地として名乗り出ていたが、指定はされていない。
参照元

2019-08-17
23:18

ハッキングされたBinance Jersey、ハッカーに賞金授与へ

Binanceのユーロ圏の取引所であるBinance Jerseyのツイッターアカウントがハッキングされた件に関し、Binance Jerseyは、ハッキングを行なって脆弱性を指摘したホワイトハットハッカーと連絡が取れており、今後賞金を授与すると発表した。今回のハッキングに際し、データなどは危険に晒されなかったという。
参照元

23:18

Oracle社、商標権侵害としてCryptoOracle社を提訴

米大手ソフトウェア会社のOracleが、ブロックチェーンに主眼を置くベンチャーキャピタル・スタートアップのCryptoOracle社を商標権侵害とドメイン名占拠(Cybersquatting)で提訴した。OracleはCryptoOracleに対し商標出願を取り下げ、名前の使用をやめ、ネット上からブランドを取り下げるよう求めている。
参照元

10:54

MonolithカードでDigixとMakerDAOのトークン使用可能に

英Monlith社が分散型金融(DeFi)事業を行うDigixとMakerDAOとの連携を発表し、
Ethereumベースのトークンを法定紙幣に換えて使用できるMonolith VISA Debit Cardに両社のトークンを搭載・使用できるようになった。同カードは、VISAカード対応ができる店舗などで使用できる。
参照元

07:48

Coinbaseでバグ、パスワードをハッシュ化せず保存

Coinbaseのユーザーが新規登録を行う際、パスワードをハッシュ化せずそのまま文字列として保存するバグによって3240人分のパスワードが文字列として保存されていたことを同社が発表した。影響を受けた3240人には個別に連絡が行き、また現在ではこのバグは修正されているほか、悪用された形跡もないという。
参照元

01:36

Binance Jerseyのツイッターアカウントがハッキング

Binanceのユーロ圏の取引所であるBinance Jerseyの公式ツイッターがハッキングされたと見られている。ハッカーはツイッター上で匿名で名乗り出ており、ソーシャルハッキングを用いてハッキングに成功したと述べている。すでにハッカーと交渉して取り返しており、当該投稿は削除されている。
参照元

01:36

Bitcoin現物先物のBakkt、規制クリア 9/23より開始

Bitcoinの現物先物を開始しようとしているインターコンチネンタル取引所の子会社であるBakktは「Cleared to Launch」と題して規制をクリアし、サービスを開始する準備が整ったことを発表した。サービス開始は9/23を予定しているという。
参照元

01:36

露、モスクワ市議会で実施予定の電子投票「全くもって安全でない」

ロシアのモスクワ市では2019年9月から市議会の投票がインターネット上で行えることが発表されているが、Etheriumブロックチェーンを用いた投票のソースコードがパブリックテストに供された結果、汎用パソコンを使っても20分程度でセキュリティを突破でき、「全くもって安全でない」ことをPierrick Gaudry氏が論文で発表した。
参照元

01:36

Nvidia、第二四半期収益16%増

半導体を製造し、マイニング用のGPUも製造している最大手のNvidiaの第二四半期の前四半期の22億ドルからおよそ16%増加した25.4億ドルであった。昨年の同時期よりも17%減少しているが、マイニング機器の在庫増などで落ち込んでいた昨年後期からは順調に持ち直している。
参照元

01:36

DASH、アップグレード

DASHは以前から指摘されていた脆弱性の一部を解決するアップグレードを実施したと発表した。一部でブロックサイズが1MBに制限されたり、他のマスターノードの参加を制限させたりする問題の一部が解決されたとしており、全てのノードやユーザーにアップグレードが推奨されるという。
参照元

2019-08-16
22:30

ハッキングの見返りに暗号通貨求めたイギリスの19歳に有罪判決

イギリスのノリッジ刑事法院にてエリオット・ガントン(19歳男性)が
Bitcoinを見返りに個人情報盗難やハッキングを行なっていたとして、懲役20ヶ月の有罪判決を受けた。同氏は実刑判決に加え、半年間に渡ってインターネットや暗号通貨の使用などが制限される行動禁止命令が言い渡された。
参照元

13:12

Poloniex、取引量の少ない23のトレードペアを削除

サンフランシスコに本拠を置く仮想通貨取引所のPoloniexは、LTC / XMRやOMG/ETHなど取引量が少ないペア23種類を削除することを明らかにした。資産が取引所から削除されたわけではなく他のペアで引き続き取引可能である。詳しいペアは以下のリンクから見ることができる。
参照元

13:12

Beam、最初のハードフォークを完了

MimbleWimbleを搭載し、送金量やアドレスがマスキングされるプライバシー志向のブロックチェーンであるBeamは最初のハードフォークを行なった。変更点としてはASICの対策をするためにハッシュアルゴリズムを多少変更したという。
参照元

13:12

Binance CEO、2ヶ月以内に米国で営業開始予定と発言

Binance のCEOであるCZ氏はインタビュー内でアメリカ(Binance US)での営業再開時期について「決まったことは言えないものの現在作業は進行中であり、おそらく1~2ヶ月ほどであると言えるだろう」と発言した。
参照元

13:12

Alibaba、ブロックチェーンベースのドメイン管理の特許申請

中国のIT大手のAlibabaはアメリカで、クロスチェーンの仕組みを用いることで複数のブロックチェーン間で一意に通用するドメイン名をブロックチェーン上で管理することのできる技術の特許を申請していることが明らかになった。
参照元

10:06

BinanceのLTCダスティング攻撃、被害数約30万か、攻撃は4月にも

今月9日に検出された、Binanceにおける
Litecoin(LTC)のダスティング攻撃によって被害を受けたアカウントが294,582アカウントあったということが、glassnodeによる分析で示された。同分析を行う中で、Binanceが4月にも似たような攻撃を受け、約10万アカウントが被害を受けていたことも明らかになった。
参照元

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com