仮想通貨Chainlink、バイナンスIEO銘柄「Kava」と提携

DeFiプラットフォームを開発するKavaは、Kavaネットワークに分散型オラクルの機能を統合するため、仮想通貨プロジェクトChainlink(LINK)と協業することを発表した。
オラクルは、ブロックチェーンネットワークの外にあるデータを、ブロックチェーン内に伝える役割を果たす。Chainlinkは、分散型オラクル専門のネットワークプロジェクト。最近では、異なるブロックチェーン(仮想通貨)間の相互運用性を図るプロジェクト「Polkadot」やイーサリアムクラシックも、Chainlinkのオラクル機能を統合すると発表した。
Kavaは複数の資産を扱うDeFiプラットフォームで、ステーブルコインの発行やBTC、XRPといった主要な仮想通貨を担保とするローンを提供。以前バイナンスのローンチパッドでトークンセールを行なった。
DeFiのエコシステムを支えるためには、強固なセキュリティおよび可用性、信頼性が必要不可欠であり、Kava独自のステーブルコインUSDXの安定性及びセキュリティの向上を目指し、オラクルを利用すると説明。
またKavaがChainlinkとの協業を決定した理由には、前述した内容の他、分散されたスマートコントラクト・サービスの記録をトラッキングできる点や、オラクルのシステムが非常に分散化されている点などを挙げている。
参考:kava chainlink

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8288

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com