現物ゴールド、世界的に供給不足へ コロナ拡大で投資家の需要が急増

新型コロナウイルスの感染拡大によるサプライチェーンの停滞と需要の急増が原因で、世界的に現物のゴールド(金)が不足していることが分かった。
経済危機の影響でゴールドの価格は、仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)や米国の代表的な株価指数S&P500などと共に下落傾向にあったが、米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和を当面無制限とすると決定したことなどの刺激策を受け、上昇に転じている。
2008年の金融危機の際、ゴールドの価格は20%下落したが、FRBが経済支援策を発表した後にいち早く回復。ゴールドを安全資産をする見方が強まった。現在はその時期と同様の動きを見せているという。
投資家がFRBの対応を好感し、安全資産のゴールドを買う動きが高まってきた一方で、大規模なゴールド精製所は、コロナウイルスの感染を止めるために一時的閉鎖を強いられている。供給に問題が発生している現状も、投資家のゴールドに対するセンチメントを強気にさせている。
また、BTCの価格はこの10カ月間、ゴールドの価格と非常に強い相関性を示していることが分かった。以下のグラフが、BTCとゴールドの相関性を示したグラフだ。
一方、ゴールドの供給不足によって、テザーゴールドやPAXゴールドといった金に裏付けられるステーブルコインの新規発行にも影響すると懸念される。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8277

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com