速報 米両党、過去最大の『2兆ドル』景気刺激策で合意

米国のトランプ政権、および与野両党の議会指導部は25日(日本時間)、新型コロナの景気対策として、2兆ドル(約220兆円)規模の景気刺激策法案について最終合意に至った。(米各新聞社)
26日まで国会の両院で可決する見込み、法律の成立を目指す。現金の給付案のほか、4月から最大4ヶ月の失業手当に当てる、また規模別で企業支援にも5000億ドルを用意する予定。新型コロナに伴う景気の長期的な悪化を回避する狙いだ。
米国国会は共和党が上院の過半数を占め、民主党は下院の多数派を占める。景気刺激策法案の通過には超党派(60%以上)の合意が欠かせず、両党は法案の詳細を巡り複数回の投票を試行した。
ムニューシン財務長官が上院民主党リーダーのシューマー議員らと協議、超党派法案の詳細を巡って最終合意に至った。
参考:WSJ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8273

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com