アート×ブロックチェーン スタートバーン、ICチップ連動型の証明書発行サービスをローンチ

「アートxブロックチェーン」に取り組むスタートバーン社は25日、ICチップ内蔵のシールやカードと連動したアート用ブロックチェーン証明書発行サービス「Startbahn Cert.」のベータ版をローンチしたことを発表した。
スタートバーン社はブロックチェーンを活用し、アート作品の流通を支えるインフラ「Startrail(旧Art Blockchain Network)」を構築している。Startbahn Cert.は、
アート作品に対するStartrailブロックチェーン証明書と、その情報に紐づいた「ICチップ付き作品管理タグ(以下、ICタグ)」を併せて発行・管理できるサービス。国内外のギャラリーや画廊、美術系の学校、証明書発行団体等に向けて販売することを想定している。
ICタグを作品そのものに貼付することによって、作品の所有者は簡単にブロックチェーン上の証明書情報へアクセスできるようになる。ウェブのインターフェースを通して、事業者は証明書の発行・移転が、所有者は証明書情報の閲覧が可能。アート作品の実物とブロックチェーン上の情報の紐付けを容易に行えるようになる。
スタートバーン社は本サービスの初期導入として、2019年10月にスタートバーン社との事業提携を発表した東方文化支援財団に対し、3000枚のICタグ付きブロックチェーン証明書を有償で供給する。アーティスト支援の一環として、東方文化支援財団は希望する人の中から選考し、ICタグを無償で提供するという。その他にも複数の団体にStartbahn Cert.を導入することを予定している。

またアート業界にブロックチェーンが実導入される点について、現在の進捗状況、アート業界側の反応に関しては以下のように回答している。
Startbahn Cert.は今後も機能の追加や拡張を進めていくという。例えば、展示会でのQRコードによる情報提供サービスだ。また、中長距離で読み取れるUHFチップを追加で埋め込むことによって、倉庫管理と連動させるサービスなどを検討している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8270

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com