Chainalysisのツール導入 大手P2P仮想通貨取引所で初事例

ブロックチェーン分析企業Chainalysisが、P2P形式の仮想通貨(暗号資産)取引所Paxfulとパートナーシップを締結したことが分かった。
Paxfulはコンプライアンスを推進するため、疑わしい取引の追跡に、Chainalysisのコンプライアンスツールである「Chainalysis KYT(Know Your Transaction)」とReactorを活用する。
ChainalysisがP2P仮想通貨取引所と協業するのは今回が初めて。Chainalysisの担当者は「Paxfulは仮想通貨の全P2P取引の約25%を占めている。現在、協業するP2P取引所はPaxfulだけだ」と述べている。
また「
他のP2Pの取引所ともケースバイケースで協業に向けて対話する用意はある」とも言及。Chainalysisは、大半が非中央集権的であるという特性上、P2P形式の仮想通貨取引所は本質的にリスクが高いと考えてきた。
Paxfulは今回の提携に際し、「取引を監視するために、コンプライアンスの取り組みにはしっかり投資をしており、多くのツールを利用する。我々の目標は、市場から詐欺などの犯罪をなくすことだ」と述べている。
Chainalysisのツールは、バイナンスやBitfinex、Bittrexを初めとする大手仮想通貨取引所も活用している。
関連:仮想通貨取引所Bitfinex、ChainalysisのKYT導入

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8245

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com