日本で暗号資産古物市場が誕生 仮想通貨で入札可能のプロ向けオークションが可能に

日本暗号資産市場株式会社は19日、2020年3月17日に古物市場主の許可を取得したことを発表。これまで、古物商として許可を取得、活動してきた同社だが、今回古物市場主の許可を取得したことで、暗号資産古物市場の開設に向けて進めていくとしている。
暗号資産による取引が可能な古物市場は世界初だという。具体的には今春に古物商を対象としたプロ向けオークションサービスを公開する予定で、参加希望の古物商の募集を開始している。
取り扱い予定の通貨は以下の6通貨となる。
このうち、ALIS、ARUK、DEVの3つは日本の企業が開発した仮想通貨だ。日本では規制の厳しさから、仮想通貨交換業がこういった新しい銘柄を取り扱いすることが容易ではない状況がある。
そこで、日本暗号資産株式市場ではこれらの通貨銘柄を採用し、物の売買に使える場を設けることで流動性の向上に貢献、日本のブロックチェーンスタートアップを支援していくことを目指している。
日本暗号資産株式市場の代表取締役を務める岡部典孝氏は以下のようにコメントした。
古物市場主の許可を取得したことで、具体的には
プロ向けのオークションサービスが提供できるようになるという。
古物商とは中古品(古物)の売買をビジネスとして行う者のことを指す。中古品売買では近年、メルカリなどの個人の中古品取引サービスが活況だが、メルカリなどでも、個人の範疇を超えた規模で取引を行えば、古物商許可が必要になる場合もある。
また、仮想通貨でフリマや商品の代理購入マッチングサービスを利用できるサービス「和らしべ」は昨年12月にテストネットが公開、暗号資産古物商協会は和らしべ開発元のWARASHIBEと提携している。
和らしべでもALIS、ARUK(アルクコイン)といった日本発の仮想通貨を決済に使うことができる。
参考:日本暗号資産市場株式会社

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8226

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com