「リップルは次の2年間で本格的に成果をあげる」=シニアVP、CEOのガーリングハウスも同意

フェイスブックCEOのMark Zuckerbergの姉でラジオのMCを務めるRandi Zuckerbergはリップルに関連する引用内容をSNSに投稿した。
投稿内容は、Ripple社のプロダクトシニアVPを務めるAsheesh Birlaが取材に応じた時に話した言葉だ。
Birlaのコメントを受け、同社CEOのガーリングハウスは賛成の意を示した。「彼はプロダクト責任者だが、常にビジネスのことを熟知している人だ」と言及した。
具体的な方針までは説明されていないが、最近リップル社の動きから、アジア市場を主要マーケットの1つとして展開する方針が見て取れる。例として、2月に韓国企業3社が「リップルネット」に参入したほか、タイの国際送金企業DeeMoneyや仮想通貨取引所Bitkubとも送金領域でパートナーシップを締結した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8222

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com