仮想通貨Steemのハードフォークおよび新通貨付与、バイナンスが対応発表

仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは、Hive.ioチームが提案したSteemのハードフォーク(分岐チェーン)の実施に対応すると発表。ハードフォーク日程は、日本時間20日(金)23時ごろになる。
このハードフォークは、新通貨が誕生するため、バイナンスは新通貨「HIVE」の付与を行う予定だ。具体的に、バイナンスに預けているユーザーのSTEEMトークンの記録を行い(スナップショット)、1STEEM=1HIVEの割合でハードフォーク後に付与するという。
また、既存の仮想通貨STEEMの取引はハードフォーク時にも通常通りに行える。ただしハードフォーク時、STEEMの入出金は停止される。
なお、新通貨HIVEのバイナンスへの新規上場に関しては、通常の上場基準をもとに検討すると説明されている。
参考:バイナンス
Steemitは広告主の影響力を排し、広告を無くしたソーチャルメディアプラットフォームであることを特徴としており、記事を投稿すると、投稿者はSTEEMを報酬として受け取ることができる。
昨日Coinpostは、Steemコミュニティが新たに敵対的ハードフォークを計画していることを報道。Steemコミュニティはトロン創設者のJustin Sun氏がSteemを大量に保有したことを端緒とし、プラットフォームの非中央集権的な仕組みが損なわれる懸念から、チェーンの主導権を巡って対立する立場になった。
以下がSteemがハードフォークに至るまでの経緯。
今回のハードフォークでは、Steemit社が保有するSTEEMトークンのみ、新しいチェーン「Hive」へ引き継がれないよう計画。一方、これまでのSteemit上の記事(ブロックチェーン上に記録)は移植されるという。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8196

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com