強気派キャピタリストTim Draper「ビットコインは最終的に成功を収める」

米著名投資家のTim Draper氏が、ビットコイン(BTC)は最終的に繁栄を収めるという信念を崩してないことが分かった。
各国の中央銀行は、世界同時株安など加速する投資家不安状況を緩和するための協調姿勢を取っているものの、仮想通貨は既存の金融市場における混乱に対して今のところヘッジとして機能しておらず、本来安全資産とされる金(Gold)や債券にまで現金化の流れが波及する状況にある。
そんな中、強気で知られるベンチャーキャピタリストTim Draper氏は、この危機が終われば、銀行や政府ではなくビットコインが救世主になり得るとしている。
同氏は「世界の状況が回復したら、銀行や政府ではなく、ビットコインが役立ち成功を収めるだろう」とツイートした。
ツイートからは、YouTube番組「415 Stories」で3月16日に行われたインタビューにリンクが貼られている。
番組でDraper氏は、「世界の大規模な産業分野を変革する能力」を備えた主要なツールとして、ビットコインと他の新しいテクノロジーをシステム分散化に活用することを概説した。
ビットコインは、現在の世界的な経済危機が回復した後において、最も重要なツールの1つであるという。
ビットコインや人工知能(AI)のような新しいテクノロジーは、銀行から医療、不動産業界まで、あらゆる産業を完全に変革し、数兆ドルの価値を引き出す可能性があると展望した。
例として保険業界を挙げ、AI、ブロックチェーンを活用したスマートコントラクト、ビットコインの組み合わせは保険会社にとって理想的なものだと述べた。
保険計理を行うAIを採用して詐欺を検出したり、仮想通貨でスマートコントラクトを作成、それらの情報をブロックチェーン上で管理できるという。
Draper氏は、Skype、Tesla、SpaceXなど急激に成長したスタートアップ企業へ初期に投資していたベンチャーキャピタリスト。ビットコインにはついては極端に強気な予測を立てることで有名であり、ビットコインは2023年までに25万ドル(約2680万円)まで急騰する可能性があると発言したこともある。
分散型金融などの技術に大きな可能性を見出しており、3月16日にはDeFi Money Markets DAOに投資、ガバナンストークンDMGの形で株式を購入している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8192

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com