米仮想通貨取引所Gemini傘下のニフティ、「ドル建てのNFT取引所」で新市場開拓

ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所Geminiにより、昨年11月買収され、傘下に入ったニフティ・ゲートウェイ(Nifty Gateway)で、クレジットカードを経由したNFTの購入のほか、新たに米ドルでNFT(ノン・ファンジブル・トークン)の売却が可能となった。
米ドルでの売却機能の追加は、同社が「Nifty Gateway 2.0」と呼ぶリニューアルの一翼を担うサービスで、売却した際の法定通貨出金はアメリカの銀行口座を保有するユーザーが利用できるようになる。 今後、海外ユーザーへのサポートも開始する予定だという。
NFT(Non-Fungible Token)とは、代替不可能なトークンという意味で、暗号技術を使って生み出された同一のものが存在しない(=代替できない)、いわば「一点モノ」のトークンのこと。ブロックチェーンゲームのキャラクターやアイテムがNFTの好例と言えるが、ニフティはそのようなNFTを、仮想通貨ではなく、クレジットカードやデビットカードでも購入できるサービスを提供し、NFTの市場拡大を目指している。
「誰でもNFTにアクセスできる」ことをモットーに、ニフティではEメールアドレス登録のみで、NFTの売買やトレード、また自分のNFTコレクションのディスプレーなどの機能を気軽に利用できるサービスを提供している。
同社は新たなサービスの導入で、「GeminiやCoinbaseのような仮想通貨取引所」のように機能し、「集中型で米ドル基盤のNFT取引所」となったとアピールしている。ユーザーは、ドル建でNFTを販売し、その売上を銀行口座へ出金することが可能になり、 eBayなどのオークションサイトと同様の経験が得られると主張している。
また、他のプロジェクトからニフティのプラットフォームにNFTを預け入れ、販売することも可能だが、当面はサポートするプロジェクトの審査と承認に時間をかけ、不正防止に務めるとのことだ。
NFTが大きく注目されるきっかけとなったのは、2017年末に時価1000万円超で取引された、ブロックチェーンゲーム「クリプトキティーズ」のトークンだろう。
GeminiのCEOである Tyler Winklevoss氏は、ニフティ・ゲートウェイ買収時に、次のようなビジョンを語っている。
NFTの市場が、収集品やアート、そしてゲーム市場の合計と同等に拡大すると予想しているようだ。
昨日発表された「Nifty Gateway 2.0」のもう一つの柱は、著名なアーティストやブランドとの協力による「限定NTFコレクション」だという。3週間ごとに新しいNFTコレクションが発表されるとのことだが、初回は、女性総合格闘家Cris Cyborgをフィーチャーしたアイテムと、写真家/マルチメディア・アーティストの Lyle Owerkoの作品が公開された。 また、モダンアートで注目される Michael Kagan氏の作品もマーケットに出品された。
ニフティは「アートと収集の世界は進化しており、ブロックチェーンへ飛び乗ってきた。2人の素晴らしいアーティストとともに、歴史を作ることを誇らしく思う」と声明で述べている。
しかし、多くの有益な機能を備えながらも、仮想通貨が普及するのに時間がかかっているように、ブロックチェーンゲームとアート、有名人の集客力を利用したNFTが、実際にコレクターにどれほどアピールし、社会に受け入れられていくかは、まだ未知数だろう。
出典:medium

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8189

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com