伊赤十字社、コロナ対策で仮想通貨の寄付受付 「ビットコインなど革新的技術こそ適している」

イタリア赤十字社が、コロナウイルス対策のため、仮想通貨(暗号資産)で寄付を募っていることが分かった。
寄付の目標額は1万ユーロ(約120万3000円)で、集まった資金は
中心となるインフラの整備や医療品の購入に利用する。余った分は医療スタッフに提供し、スタッフ自身を保護するために利用してもらうという。
コロナウイルスの感染者は各国で増加しているが、特にイタリアは深刻な状況だ。イタリア政府は14日、一日としてはこれまでで最も多い3497人の感染が確認されたと発表。感染者は合計で2万1157人となり、死者の数も1441人に上る。
ローマを拠点にするイタリア赤十字社の組織「Colli Albani Committee」のトップは、感染患者の増加と利用施設の減少による医療への負担を軽減する必要があると説明。「我々は
BTCのような革新的な技術が寄付金の受付に役立つと信じている。このような歴史的な事態では経済的なリソースを入手することが難しいのだ」と述べている。
本プロジェクトは、仮想通貨業界で事業を展開するフィンテックのスタートアップYoung Srlや、慈善事業や保険業界の透明性を高めるためにプラットフォームを提供するHelperbitらが協力している。
Young SrlのCEOは「このような取り組みにおいて、
ブロックチェーン技術は透明性が高く効果的だと強く信じている」と語った。
またHelperbitのCEOは「寄付に参加する機会をイタリア国民、また国際的な仮想通貨コミュニティに提供できることを嬉しく思う」と述べている。
参考資料 : Helperbit

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8147

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com