仮想通貨ビットコイン、3000ドル台暴落も5700ドルまで急反騰

仮想通貨ビットコイン(BTC)は一時3000ドル台に突入。前日比40%を超えたが、その後急反発した。
海外の著名トレーダーのTraderX0は10日、ビットコインの週足移動平均線について分析。
過去チャートからも、21週平均線(EMA)を下回った場合は弱気相場を鮮明にすると言及。200週移動平均線(coinbase:5500ドル)は絶好の買いの機会だとしていたが、今回の急落でこれを下回っていた。

投資家心理のサイクル的には、降伏(Capitulation)→落胆(Despondency)を経て、出来高急増のセリングクライマックスを引き起こし、底値圏から徐々に回復する傾向にある。
一方、世界経済は混迷を深めている。
経済協力開発機構(OECD)は、世界経済がリーマンショック以来最大の危機に直面していると警告。米連邦準備理事会(FRB)は12日、コロナショックによる財務資金市場の混乱に対処するため、2日間で短期金融市場に1.5兆ドル(150兆円)規模の追加資金供給の実施を決めた。
流動性枯渇を抑制し、銀行の短期資金調達を円滑に行わせるため、短期債に限り、米国債の買い入れも対象を拡大。国債購入については、幅広い銘柄を買い入れの対象にする方針を示した。FRBすでに1750億ドルの資金供給のほか、今月3日に緊急の利下げを実施している。
これを受けダウ平均は一時急上昇するも、再び売り圧力が強まり、大引けまでに前日比2350ドル安と過去最大の下げ幅を記録。シカゴ・オプション取引所(CBOE)のVIX指数はリーマン・ショック以来の水準に到達している。
日銀も市場の動揺を抑えるべく午前9時半、国債を買い入れる形で5000億円の資金供給を発表した。ETF(上場投資信託)の買い入れと合わせ、大量の資金供給で、市場の動揺を抑える狙いがある。
なお、BitMEX Researchは12日、投資家が米ドルに資産退避させようとしていると指摘。株式、コモディティ、社債、仮想通貨から資金流出しているとの見立てを示した。
コロナウイルスへの恐怖が触媒となったが、金融市場のクラッシュを引き起こしたのは、システムの根本的な脆弱性にあると言及。低金利やボラティリティの抑制、買い手側のレバレッジの増加が原動力にあるとしている。
レバレッジ取引のマージンコール(追証)回避のため、金(Gold)まで売られている点にも言及、負の連鎖にあることを指摘した。

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8126

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com