ネム財団がリトアニアの通信企業と提携 ブロックチェーンでSIMスワップ対策

ネム財団は11日、欧州リトアニアを拠点にする通信企業FIX Networkとパートナーシップを締結したことを発表した。
FIX Networkは
ネム、ローンチ後はSymbol(シンボル)のブロックチェーンを利用し、非中央集権的な技術でSIMスワップの対策を講じる。秘密鍵をユーザーのSIMカードに保存する仕組みで、仮想通貨(暗号資産)ウォレットやデジタル上のID管理、個人データの保護に関するサービスを、プライバシーを確保しながら、安全に行えるようにする。
SIMスワップとは、標的と定めた電話番号を自身のSIMカードに移転すること。モバイル通信を提供する企業にSIMカードを紛失したと連絡し、攻撃対象の電番番号を自身のSIMカードに紐づけてもらう。それによって相手の携帯電話を乗っ取る攻撃だ。
FIX Networkのモバイル通信サービスは186カ国に広がる。ネム財団の最高技術責任者は、「FIX Networkは確立されたグローバルなインフラを利用し、より公平でより安全なサービスを提供している。デジタルサービスのセキュリティを高める企業とのパートナーシップを誇らしく思う」と語っている。
仮想通貨ネムの「カタパルト」をリブランドした新ブロックチェーンであるSymbolは、「誰でも容易に操作できるブロックチェーンプラットフォーム」として、ビジネス応用を容易にする機能を組み込んだ。
参考:CryptoNinjas

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8111

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com