台湾HTC、仮想通貨ビットコインのフルノード対応ルーターを発売へ

台湾の大手電子メーカーHTCが、ブロックチェーン技術を活用したルーターの開発を行っていることが分かった。
ルーターとは、パソコンやスマートフォンなど複数のデバイスをインターネットに接続する時に利用する機器。HTCが開発中のルーターは、
自宅で仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)のフルノードを立てられる機能を持つ
名称は「
EXODUS 5G Hub」で、Q2(4月から6月)にローンチされる予定。開発の目的は、ユーザーにハードウェアウォレットでキーを保管させることによって、ホーム運用でのプライバシーを強化することだ。
HTCの責任者Phil Chen氏は、Alexaを開発したAmazonやGoogleのNest、またAppleやフェイスブックなど、スマートデバイス市場を支配しようとする大手IT企業に対抗すると説明。
GAFAによる個人情報の独占を防ぎ、ユーザーのプライバシー保護を強化する狙いだ
開発中のブロックチェーンルーターは、HTCのハードウェアを利用した鍵管理用のプラットフォームを利用し、プライバシーを強化。ユーザーはサードパーティに頼らずに取引を伝達することができるという。また同時に各ユーザーが、他者の取引の伝達をサポートすることによって、全体のセキュリティが維持できる仕組みになっている。
EXODUSの名はブロックチェーンスマホで知られている。最初のモデルであるEXODUS1は2018年にリリース。その後昨年10月にBTCのフルノードも立てられるEXODUS1の安価版EXODUS1sを発表している。さらに仮想通貨取引所バイナンスの限定モデル「HTC EXODUS1-Binance Edition」もローンチした。
関連:バイナンス版ブロックチェーンスマホが販売開始
Chen氏は「スマホとの連携は、仮想通貨の普及拡大には不可欠だ」と説明。一方、ルーターは顧客の別のニーズに応えたもので、持ち歩くのではなく家での利用に特化している。「家はプライベートな場所だ。しかし現代は便利になって音声でデバイスを操作したり、カメラを使うようになって、そのプライバシーが脅かされる危険がある」と語った。
「EXODUS 5G Hub」は、プライバシー強化型ブラウザーの「Brave」やメールサービスのProtonMailなど、多くのプライバシー対策アプリが統合。またバイナンスや分散型金融(DeFi)のCompoundやUniswapなど、多くのパートナーも協力している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/8008

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com