世界最大の保険組織ロイズ、仮想通貨ハッキング被害の保険サービスを発表

世界最大の保険組織ロイズのシンジケートAtriumが、ホットウォレットの盗難被害に対する保険サービスの提供を発表した。同保険サービスは、仮想通貨の代行管理などを手掛けるスタートアップ「Coincover」を対象として考案、リリースされた。
補償金額は1,000ユーロ(約12万円)からとなり、補償金額は、価格変動する資産のボリュームに応じて柔軟に対応される。このような仕組みを取り入れることによって、契約期間中に係る潜在的な仮想通貨の価格変動への対応が可能になるという。
AtriumのアンダーライターであるMatthew Greaves氏によれば、仮想通貨の人気上昇に伴い、仮想通貨の保護を目的とした保険サービスの需要は伸びているとのことだ。
ロイズのイノベーション部門の代表を務めるTrevor Maynard氏は、仮想通貨市場の勃興に伴いハッキングによる窃盗の被害件数が増加傾向にある点に触れたうえで、「(今回の保険サービスが登場したことで)仮想通貨企業が資産を保護するための手段が築かれた」と述べた。
ロイズは2018年8月に仮想通貨市場に参入し、シンジケート「Atrium」を通じて、適格カストディアンのKingdom Trustへのサービスを提供していた。今回のニュースは、そうした以前の動きを継ぐものとなっている。
Coincoverは2018年に仮想通貨のより安全でアクセスが容易な環境の提供を目的に創設され、仮想通貨カストディBitGoもパートナーの一社だ。
今回、仮想通貨を対象とした保険サービスを発表したロイズだが、ロイズに属する保険引受業社・ブローカー数社が、すでに、主要仮想通貨関連企業に対し次のような保険サービスを提供している。
ロイズの数ある保険ブローカーの中でも、世界120カ国に営業拠点を持つ多国籍企業Aonは積極的に仮想通貨やブロックチェーン業界へのサービス提供を進めており、上記コインベース、Anchorage社、そしてとMetacoと提携を結んでいる。同社は、仮想通貨保険市場の50%を占めているとも言われている。

中でも、コインベースに対しては、保険仲介業務にとどまらず、同取引所が自社の専属保険会社(キャプティブと呼ばれる)を設立するための支援を提供し、結び付きを強めているようだ。
仮想通貨市場における保険サービスも徐々に、拡充の様相を呈している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7991

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com