仮想通貨と規制の共存 「CoinGeek London 2020」

仮想通貨メディア・ブロックチェーン企業であるCoingeekが「CoinGeek London 2020」を開催。
金融セクターのさまざまな部門のリーダーが集まり、ビットコインと規制がどのように協働していけるかを議論した。
パネリストとして登壇したのは、Layer2 TechnologiesのCTOであるEli Afram氏、Bitcoin SVを利用したトークン化企業Tokenizedの英国運営責任者であるAndrew Baxter氏、MUFG銀行マレーシア、イスラムバンキング窓口エグゼクティブアドバイザー、浜平真澄氏、Basler KantonalbankのAvaloq開発者Holger Vogel氏である。
司会は、ビットコイン協会の創設者であるJimmy Nguyenが行った。
TokenizedのAndrew Baxter氏は現在の金融システムの欠陥に、仮想通貨業界のチャンスを見出していることを語った。
既存の金融システムのどこに問題があるのかを見出し​​、それらの問題に関して、仮想通貨が一番魅力的なものになる場所を探すことを提案、「スピード、コスト、信用の問題を解決できるとき、仮想通貨は最も魅力的な選択だ」と続けた。
具体例としては、クロスボーダー決済の外貨取引がいまだに2日ほど時間を要することがある。国際送金は、いまだに数十年前と同じような手続きに基づいており、即時性や完全な透明性を提供する現在の技術を反映していないと論じた。
MUFG銀行マレーシアの浜平真澄氏はイスラム世界でも仮想通貨が役立つ場面を指摘した。イスラム金融システムはシャリア法を順守しなければならない。
例えば、イスラム世界では、所有する前に商品を販売することはできない。したがって、商品の所有権の順序を整理して記録する必要があり、これは手作業で行われる非常に複雑なプロセスとなっている。
スイスの銀行でAvaloq開発者を務めるHolger Vogel氏は、デジタル世界における今日のさまざまなシステムの断片化の問題は、すべてが同じブロックチェーン上にある場合にのみ解決されるという考えを披露した。
参考:Coingeek

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7967

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com