プログラム可能で進化する仮想アートが誕生|初の作品が103.4ETHで落札

プログラム可能なブロックチェーンアートという斬新な試みを行う作品「
First Supper(最初の晩餐)」が
103.4ETHで売却されたことが明らかになった。(*レオナルド・ダ・ヴィンチの名作=「最後の晩餐」に因む)
本作品は22のレイヤーと1枚のマスター作品を持ち、マスター作品というキャンバスに個々のレイヤーが配置されるという形で全体的な作品が構成されている。
作成から間もないこの作品だが、過去のこの作品に関するツイートと、最新のものを見比べると、既にいくつかの変更がなされていることを確認できる。
一つ一つのレイヤーとマスター作品には値段がついており、レイヤー(NFT)の保有者はレイヤーの制作者に決められた範囲で、そのレイヤーの位置や角度、大きさ、色などを変更することができる。
プログラム可能なアート作品のイメージについては、以下のツイートで分かりやすく説明されている。
このアートは、もしプログラム可能だったら、アートはどのようなものになるだろうか、という疑問に基づいて作成されたと説明されている。
アートの所有権を単にブロックチェーンによってデジタルに持ち込み、取引可能にするだけでなく、デジタルの特性に着目したこの新たな取り組みに注目したい。

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7966

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com