仮想通貨取引所OKExとBitfinex、DDoS攻撃被害 すでに解決済み

大手仮想通貨(暗号資産)取引所OKExとBitfinexが、27日から28日の間にDDoS攻撃を受けたことが分かった。
両社ともユーザーへの影響はないと説明している。
「DDoS」とは「Distributed Denial of Service attack」の略。
DDoS攻撃とは、ネットワークを通して複数のコンピューターから標的のサーバーに大量の処理要求を送り付け、サービスを停止させることだ
OKExのCEOは自社のサーバーを狙った今回の攻撃について、大規模だったと説明。「競合企業が攻撃をしかけた」と述べている。
OKExの技術サポートチームが攻撃を発見し、即座に対応したことで問題は収束しているという。担当者は「24時間休みなく技術のサポートや監視を行なっている。早く適切に対応したため、ユーザーへの影響はなかった。今後もユーザーを保護する体制を継続する」と語った。
Bitfinexもその後同じようなタイミングでDDoS攻撃を受けた。Bitfinexの最高技術責任者は「今回の攻撃は非常に高度だった」と説明。周到に準備されていたと述べている。また「攻撃に遭っても全ての資産が安全に守られた。今は取引も問題なく行われている」と語った。
過去にも、他の仮想通貨取引所もDDoS攻撃の標的にされた事例がある。例えばHuobiやBittrexだ。
関連:Bittrexも被害に、DDoS攻撃がもたらす仮想通貨取引所への影響

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7952

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com