速報 米SEC、バスケット型の仮想通貨ビットコインETFを非承認

米証券取引委員会(SEC)は27日、Wilshire Phoenix社の提出したバスケット型の仮想通貨(暗号資産)ビットコインETFを「非承認」した。
非承認と判断した理由はこれまですべてのビットコインETFに対して指摘した点と同様に、「相場操縦のリスクなどの不法行為を防止する面で、法的水準を満たしていない」点にあるという。以前BitwiseやVanEckの申請したETFに対しても同様な理由を述べていた。
Wilshire PhoenixのETF「the Trust」はいわゆるバスケット型ETFで、ビットコインの高いボラティリティを回避するために、それ以外に米国債(T-Bill)も組み込む設計として、単一型ETFとは異なる価格連動モデルだった。
同社はSECの案じていたビットコイン市場のリスクを解消するために、透明性や監視の仕組みを解説する資料を提出したものの、実現には至らなかった。
現段階SECの審査にかかっている関連ETFの申請として、「Kryptoin Bitcoin ETF Trust」が残っている。
昨年10月、金(ゴールド)業界の市場開発企業「World Gold Council」のトップと、金投資企業「SPDR Gold Shares」でポートフォリオマネージャーの経験を持つJason Toussaint氏が提出した申請で、ビットコインの実際の市場価格を反映させるため、CMEのビットコイン参考基準レート(BRR)を活用するという。また、ETFの設定や交換、運用報酬の計算はBTC現物で行われる仕組みになる。
参考:SEC

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7916

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com