米政府売却の40億円相当のビットコイン、オークションで2名が落札

米連邦保安官局(USMS)のオークションで売却された4000BTC超(約40億円)分の仮想通貨(暗号資産)ビットコインが、2名の落札者の手に渡った。
落札価格は開示されていない
犯罪捜査で押収したBTCを、USMSが18日にオークションで売却することは今月報じられていた。競売では、2500BTC、1000BTC、500BTC、40.54069820BTCの4つのシリーズに分けられている。
関連:米政府、40億円相当のビットコイン売却へ
今回のBTCのオークションには
18名が申し込み、38の値が付いた。ブロックごとに分けられたBTCは、
それぞれ約50BTCと3990BTCを2名の落札者が獲得したという
USMSによるBTCのオークションは過去にも行われている。最初に開催されたのは2014年で、当時の報道によると、著名投資家Tim Draper氏が10ブロックで合計約3万BTCを落札。その後も開催は継続されており、最近では2018年11月に660BTCのオークションが行われている。
関連:60億円以上の仮想通貨ビットコインを押収 アイルランド当局の麻薬捜査で

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7841

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com