スウェーデン、中央銀行デジタル通貨のテスト運用開始 アクセンチュアが技術提供

スウェーデンが独自の中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「e-krona」(e-クローナ)のテスト開始を発表した。デジタル通貨のパイロットプログラムとして1年間試運転を実施、2021年2月に終了を予定する。
スウェーデン国立銀行(別名リクスバンク)は、効率的な方法でCBDCを実装する準備ができているかどうかを分析する。
スウェーデン政府と提携してe-kronaを開発しているのは大手コンサルタント会社のアクセンチュア。テスト環境でのe-クローナ発行において技術的なソリューションの提供を行う。
なお、サンドボックス・テストネットでの準備テストは、同社によって既に実行済みだ。
e-kronaの背景
中央銀行であるスウェーデン国立銀行が「e-krona」の研究を開始したのは2017年頃。
背景には、国内での現金の使用が減少していると同時に、民間企業・民間銀行が提供するオンラインでの決済サービスが普及することによって、金融政策で経済をコントロールする影響力が低下することを問題視していたこともあるという。
また、スウェーデン国内における現金決済の利用率は20%と、現金を持たない生活に国民が慣れていることから、世界的にもデジタル通貨導入の障壁が低かったことも指摘されている。
中央銀行デジタル通貨(CBDC)について具体的な計画を明らかにしている国には、カリブ諸島のバハマもある。
バハマは2019年12月にCBDCのパイロットプログラムを開始。2020年後半にも、デジタル通貨を導入する見込みとしている。700余りの小島からなるバハマは、ハリケーンなど自然災害時に現金に依存できなくなる状況を特に想定し、政府発行のデジタル通貨の計画を進めている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7824

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com