伝説の投資家が仮想通貨ビットコインの保有者になった食事会 当日の会話内容が明らかに

トロン財団創設者のジャスティン・サンと食事会で受け取った仮想通貨(暗号資産)を機に、予期せぬ形でビットコイン(BTC)の保有者となった米伝説投資家ウォーレン・バフェット。依然、ビットコインの価値については、否定的な立場を変えていないようだ。
ジャスティン・サンと食事会を行なったのは今年1月、ディナーの場で語った会話の内容が明らかになった。
とビットコインの価値について語ったウォーレン・バフェット。ビットコインよりも土地を買った方が有利だと主張し、米ドルと株市場のほうが投資家を保護できていると続けたという。
また、今後若い世代の間でビットコインが普及していかない可能性が高いとの見解を示し、「私の孫は、おそらくビットコインでなく、米ドルを遺産として引き継ぎたいものだろう」と論じた。
ウォーレン・バフェットはビットコインの批判論者として有名な人物。19年の強気相場に際し、「ビットコインはギャンブルのような仕掛けだ… 多くの詐欺行為と結びついている」と指摘し、その価値を否定している。
「バフェットさんが初めてビットコインを所有するようになった」=ジャスティン・サン
ウォーレン・バフェットは食事会で、ジャスティンからビットコインやトロン(TRX)、そして仮想通貨(暗号資産)のウォレットなどをプレゼントとして受け取った。
ビットコインに対する見解は、食事会を通して変化がなかったというが、ブロックチェーンに対してはその価値を肯定しているという。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7779

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com