SBI出資の仮想通貨マネロン対策企業に出資──米ウェルズ・ファーゴ

米銀大手のウェルズ・ファーゴが、仮想通貨のマネーロンダリング対策ツールを開発するイギリスのエリプティック(Elliptic)に出資する。エリプティックの発表によると、出資額は500万ドル(約5億5000万円)。SBIホールディングスが主導した調達ラウンドの一環で、資金はアジアへの拡大や人員の拡充に用いられる見込み。,ウェルズ・ファーゴは傘下のウェルズ・ファーゴ ストラテジック キャピタルを通じて出資する。このシリーズBの調達ラウンドでは、SBIホールディングスやスペインのサンタンデール銀行なども投資部門を通じて出資、累計約30億円を調達することになる。,エリプティックはこの資金で事業をアジアに拡大するほか、銀行向けの仮想通貨取引所リスク評価ツール「エリプティック・ディスカバリー」の人員を拡大する。,【関連記事】
SBI出資の英企業、銀行向け「仮想通貨取引所リスク評価ツール」発表,仮想通貨を使ったマネーロンダリング対策の需要が高まっている。その背景には、国際的なマネロン対策を主導する金融活動作業部会(FATF)が2019年6月、新たな仮想通貨取引の規制基準を発表したことがある。この基準では、事業者は取り扱う通貨の取引リスクを把握する必要があるため、マネロン対策ツールの必要性が高まると見られていた。,マネロン対策ツールを提供する企業としては、3社が国際的にも存在感を示しつつある。SBIインベストメントが出資したエリプティック、三菱UFJフィナンシャル・グループが子会社を通じて出資するチェイナリシス、楽天ウォレットが提携するサイファートレースだ。,今後、ブロックチェーン上のデータを分析する需要は、中銀デジタル通貨(CBDC)やデジタル証券(セキュリティトークン)などの登場によって増えていくと見られる。,文:小西雄志

編集:濱田 優

写真:Shutterstock

,

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7761

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com