仮想通貨ビットコイン先物の取組高、高値更新の13日に5500億円超へ

15日朝のビットコイン相場は、14日の安値10100ドルから、約3%高で10395ドルに反発。(執筆時=10310ドル台)
BTCの先物契約の取組高(OI)が、13日に50億ドル(約5500億円)を超えたことが分かった。13日(米時間)、BTCは一時、今年の高値を更新し、10522ドル(Coinbase基準)に到達した。
OIとは、先物契約などでまだ決済されていないポジションを指す。
OIの増加は、より多くの資金が市場に流入し、投資家が近いうちに価格が動くと予想していることを示している
大手BitMEXのOIが現在最も多く、16億ドル(約1750億円)で、OI全体の31%を占めている。しかしBitMEXの占有率はここ数カ月で減少しており、OIは2019年11月には全体の44%を占めていた。BitMEXの後を追うOKExとHuobiで、OIはそれぞれ、およそ14億ドル(約1500円)と10億ドル(約1100円)だ。
上記グラフで5位の米最大手デリバティブ取引所CMEのOIは、Bakktが1800万ドル(約20億円)なのに対し、3億1200万ドル(約340億円)。TheBlockのアナリストによると、CMEにおける週間取引額が25BTC以上の投資家の数は、1月に最高記録をつけたという。
関連:CMEのビットコイン先物が1万ドルにタッチ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7702

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com