日本暗号資産市場社、エンジェルラウンドの初資金調達を実施|代表者インタビュー

日本暗号資産市場株式会社は13日、村口氏他4名の個人投資家および既存株主1社からエンジェルラウンドの資金調達を実施したことを発表した。
エンジェルラウンドで出資する村口和孝氏は、「ふるさと納税」制度の提唱者とされる伝説的キャピタリストで、かつてディー・エヌ・エー上場などに携わったとされる。他にも、法律やファイナンス等の暗号資産の各分野に詳しい専門家らが参画した。
「全ての鶏・卵問題を解決する」をミッションに掲げる日本暗号資産市場株式会社は、「調達資金によって事業成長につなげるべく、人員強化や、古物商としての営業、古物市場開催の準備を加速する」「日本暗号資産市場株式会社は様々なモノをプロの古物商が法定通貨と暗号資産の多通貨オークションにより競ることで、モノと暗号資産両方の価格決定と流動性向上に貢献できるよう尽力する」としている。
日本暗号資産市場株式会社は暗号資産とモノの取引市場を作ることで、スタートアップが社会課題を解決することを手伝い、結果的に全ての鶏・卵問題を解決することを目指しています。
古物商や古物市場で自由に物の売買代金決済に使って差支えないことが2019年9月に警察庁の行政文書により明らかになっている。
コインポストでは、暗号資産古物商協会監事で日本暗号資産市場株式会社の岡部典孝代表取締役にインタビューを実施した。
岡部氏は以前、「暗号資産古物商協会」設立前の2019年9月、今後「暗号資産取り扱い古物市場」が健全に発展することにより、暗号資産のプロ同士で、物を暗号資産で競っていくというマーケットの拡大も見込まれると言及。
「未上場暗号資産は、仮想通貨交換業者が取引できない為、古物商がプロとしてリスクを取ることで初期流動性をつけることになる。」との見方を示している。
昨年12月には、様々な暗号資産で直接モノが売買可能な新しいeコマースの形として、フリマや商品の代理購入マッチングサービスを提供する「和らしべ」が誕生し、反響を呼んでいた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7696

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com