IOTA財団が資産流出で声明 仮想通貨ウォレットのユーザーが被害に

仮想通貨IOTA(アイオタ)を発行するIOTA財団が14日、ウォレットソフト「Trinity」のユーザーの資産が盗まれたことを声明した。
Trinityは、仮想通貨IOTAのために財団が開発したウォレットだ。現在確認できている範囲で、
被害者は約10名。全員が最近Trinityを使用していたという。
被害額は30万ドル(約3300万円)から120万ドル(約1.3億円)相当とみられる。
財団は被害を確認したのち、中央集権的システム「Coordinator」のノードを停止。今回の根本的な原因が分かるまで、再度盗難が起きないようにするための措置と説明している。
現在、関係する法執行機関に報告し、問題を調査中。調査が終了し次第、結果を共有するとしている。
また原因究明のために、複数のサイバー犯罪専門家にも協力を依頼した。原因はIOTAのネットワークというより、ウォレットTrinityに脆弱性があったとみられている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7682

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com