JPモルガン、ブロックチェーン部門をイーサリアム関連企業と統合か=ロイター

米最大手銀JPモルガンが、自社開発のブロックチェーンQuorumの部門を、米ブロックチェーン企業ConsenSysに統合するために協議していることが分かった。ロイターが報じた。
情報筋の話では、
契約については半年以内に正式に発表があるという。条件等詳細は明かされていない。
現在Quorumの事業に取り組むメンバーは世界に25人ほどいるが、統合後ConsenSysに入社することになるかは不明確と伝えている。
QuorumとはJPモルガンが開発したブロックチェーン。イーサリアムのブロックチェーンを利用した企業向けのパーミッション型(許可型)だ。そしてConsenSysはイーサリアムの共同創設者Joe Lubin氏が設立したブロッコチェーンVC企業である。
JPモルガンは2017年、Quorum上に決済プラットフォーム「銀行間情報ネットワーク(IIN)」を構築。昨年12月時点で360を超える銀行が加盟しており、80以上の日本の銀行が興味を示していることも報じられた。
関連:80超の国内銀行、JPモルガンのブロックチェーンネットワークに参加検討
また独自の仮想通貨ステーブルコイン「JPMコイン」にも利用されると伝えられている。
ロイターの情報筋は「JPモルガンはQuorumを分離させようとしている。他社への統合だけでなく、スタートアップや財団の設立も視野に入れて検討してきた」と説明している。
ConsenSysは先週、従業員の14%を解雇したことを発表。理由は、ソフトウェアの開発をベンチャー事業から切り離すための再編だという。この
ソフトウェア部門を成長させようとする動きと、今回の発表はタイミングが一致しているとロイターは指摘した。
参考:ロイター報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7620

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com