米コインベースカストディ、Polkadotの仮想通貨に対応へ

米最大手仮想通貨取引所コインベース傘下のカストディ企業Coinbase Custodyが、ブロックチェーンプロジェクトPolkadot(ポルカドット)のDOTトークンの取り扱いを開始することが分かった。
Coinbase Custodyは、Polkadotのプロジェクトを主導する世界的なブロックチェーン財団「Web3 Foundation」と協業。DOT所有者は、
トークンを保有・管理するためにCoinbase Custodyを利用できるようになる
また今回、
DOTの所有権を主張するための手続きを行うウェブサイトもリリースされた。この手続きを行うと、Polkadotのメインネットがローンチされた時に、所有するDOTの残高が反映されるようになる。
Polkadotは2017年に最初のトークンセールを実施。SAFT(Simple Agreement for Future Tokens)の販売形式で500万のDOTを発行した。実際にメインネットが稼働したらトークンを所有できるようになる。
また2019年6月に終了したプライベートセールでも、50万のDOTを販売した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7603

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com