Weiss、最新版仮想通貨格付け発表 半減期控えるビットコインを評価

仮想通貨格付けを提供する金融格付け機関Weiss Ratingが、最新の格付けデータを公表した。
最新データでは、ビットコインとイーサリアムを総合格付け評価で優良プロジェクトに相当する「A-」で評価。ビットコインのファンダメンタルズ要因と半減期を目前に好調な価格推移を維持する状況を受け、最高クラスのA帯評価を下したと報告した。
Weiss Cryptocurrency Ratingsは122種類の仮想通貨の総合評価に加え、長期投資家向けの「テクノロジー・採用(Technology / Adoption)」と短期的な要因に基づく「投資リスク・収益(Invest Risk / Reward)」という2つの異なるグレードを、A +(最高)からF(最低)の範囲で格付けしたレポートを発行している。
金融機関から株式、上場投資信託など5.3万社を超える企業の格付けを提供する一方、仮想通貨格付けに当たるWeiss Cryptocurrency Ratingsを2018年1月に開始した。
今回の格付けは、2019年12月に普及率の高い通貨を高く評価し、模倣品のトークンには低い点数を付与する仕組みに変更する新たな評価基準を採用して以降、2度目の格付け。
普及率の高い通貨に相当するビットコインとイーサリアムが、総合評価でA-に格上げされた。
当該2通貨が特に評価されたのは「テクノロジー・採用」基準。
テクノロジーでは、匿名性のレベル、金融政策の洗練性、ガバナンス能力、コードを改善する能力または柔軟性、エネルギー効率、スケーリング・ソリューション、他のブロックチェーンとの相互運用性などの要素を考慮したソフトウェア機能を評価。
採用では、トランザクション速度、ネットワークセキュリティ、採掘の分散化など実社会におけるパフォーマンス、開発者や企業、一般的な採用状況といった要素を評価対象としている。
今回のツイートでも取りあげたように、Weiss Ratingは、仮想通貨の市場価格にも強気な見解を示している企業の1社。半減期を改めて強調、「問題は今後どれだけビットコインの価格が高騰するかだ」とする発言も行なっている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7590

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com