「仮想通貨XRPの投資価値」を巡り議論 リップル社CEOらとビットコイン派の意見が交錯

著名投資家ノボグラッツが、売り圧力などを話題に取り上げ、仮想通貨XRPの投資価値に関する発言を行なったことに対して、RippleのGarlinghouse CEOらが批判を強めている。
事の経緯は先週末、ノボグラッツが「すべてのアルトコインを空売りしたい」など、過激と取れる発言を行なった事に始まる。その中で、仮想通貨XRPに関わる、Ripple社の所有分や価格のパフォーマンスについてコメントした。
これらの発言に対し、批判を強めたRippleの責任者Madigan氏は、「XRPはデジタル資産だ、株ではない。 …XRPは正当的な支払いユーティリティ性を持っている資産で、マネーグラムなどの企業はODLでXRPを利用している」と説明。
ノボグラッツが指摘する内容について、「彼はRipple社がどのようにXRPを管理しているかまるで知らないし、四半期レポートも呼んでいないだろう。 …XRPの流通速度は実際、BTCやETH、BCHよりも遅いのだ(リップル社の放出量とマイニングの新規発行分との比較)」と続けた。
また、批判の矛先はカンファレンスの発言をタイムラグをもって投稿した仮想通貨メディアにも向いた。
「XRPの価格は今年も低迷するだろう」と発言したことに対するコメントを行なったGarlinghouse CEOは、2020年現在まで、XRPは44%上昇しており、BTCの33%上昇に勝っていると主張。また、「ノボグラッツは2019年にビットコインが2万ドルに到達すると予想した人だが。。。」と皮肉を述べている。
これらの反論に対し、ノボグラッツは代表発言者を通じて、「(売る側のRippleに対して)買う側には、アジアのXRPガチ勢とXRP軍団がいる」と発言。アジアの資金が買い支えになっていると論じている。
ビットコインを中心に事業を置く投資ファンドGalaxy Digitalの経営者ノボグラッツのビットコインへの強い想いと、リップル社の主張が交錯した今回の事例は、業界で大きな反響を呼んでいる。
なお、Galaxy Digitalは複数仮想通貨スタートアップにも株の投資も行なっており、決算資料によると2019年9月30日につき、Ripple Labsに対する投資のバリューは2700万ドル以上と記録されている。
参考:メディア報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7522

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com