Bakkt、仮想通貨汎用アプリ提供へ加速 ポイントサービス企業買収へ

インターコンチネンタル取引所(ICE)の仮想通貨子会社Bakktが、ロイヤルティプログラムサービス企業「Bridge2 Solutions(以下、Bridge2)」の買収を進めていることが分かった。
具体的な条件は公表されていないが、今四半期中(3月末まで)には買収が成立する見込み。Bakktはこれまで、カストディの「Digital Asset Custody Company」や先物取次業者「Rosenthal Collins Group」も買収している。
現在、機関投資家向けにビットコイン(BTC)のオプション取引や先物取引を提供しているが、新規事業として一般消費者向けのサービス提供に向けて準備を進めている。
仮想通貨やポイント、ゲームのトークンなど様々な資産を対象にしたデジタルウォレットとして機能するアプリを開発中だ。今回の買収で、開発を加速するさせる狙いがある。
関連:Bakkt仮想通貨アプリ、証券取引にも対応か
Bridge2は小売店や金融機関を対象にしたロイヤルティプログラムのプラットフォームを運営し、合計600億ドル(約6兆5870億円)相当のポイント等を管理している。Bakktは、決済にも利用できる消費者向けアプリを提供するために、Bridge2の小売店とのネットワークを利用する計画だ。
Bridge2が現在試験的に行なっているプロジェクト「Loyal Pay」を活用すると、小売店は決済を直接Bakktのアプリに連結させることができるという。それによって、小売店は銀行に2.5%ほどのインターチェンジフィー(手数料)を支払う必要がなくなり、コストが削減できるようになる。また、小売店独自のクレジットカードを発行したり、消費者が獲得したポイントを現金に換えることもできるようになるという。
ポイント等を現金に換える際にBakktに少し手数料を支払う必要はあるが、現在のインターチェンジフィーに比べればはるかに安くなると説明。
すでにLoyal Payには幅広い店舗が関心を示している。数カ月で実用化できる予定だ。しかし、1つのウォレットに全てのポイント等をまとめ、現金に換えられるようにするには、もう少し時間がかかるとみられている。
Bakktのプロダクト責任者は「Bridge2の革新的なソリューションによって、
消費者は新たな方法でデジタル資産を決済、交換、送金に利用することが可能になる。Bakktはそのための新しい商品をローンチする」と語った。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7518

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com