カルダノ(ADA)のメインネット実装日、2月下旬に京都で発表予定

カルダノの第二段階にあたるShelley期のメインネット実装は京都で行われるイベントで発表される予定だ。
3日に行われたライブ配信で、カルダノ開発企業IOHKのチャールズ・ホスキンソンCEOは2月の終わりにはShelleyメインネットの実装を告知できると考えていることを明かした。
また、メインネットのローンチを祝して、日本の京都でパーティーを開催する予定だという。
Shelleyのテストネットはすでに昨年12月より稼働しており、メインネットの告知までには2ヶ月半ほどかかった形だ。
Shelley期はカルダノがコミュニティ、技術的に形成されたByron期に続く次の段階で、ネットワークの分散化などを中心に開発を進めていく。Shelley期の後はShelleyと並行して開発が進められているGouguen、そしてBasho、Voltaireと続いていく。
ほかにも、Shelley期ではインセンティブのシステムが新たに導入されている。
カルダノは保有量に応じてがもらえるPoSを採用しており、一般の保有者はステークプールの運用者に権利を委任することで、ノードの運用など高度な作業を行うことなく分配された報酬を受け取ることができる。
また、カルダノが採用するアルゴリズムであるウロボロス(OBFT)も2月の中旬に実装が予定されており、ホスキンソン氏は2、3、4月は非常に忙しい月となりそうだと述べている。ウロボロスはPoSに分類され、ビットコインの採用するPoWに比べ、電力、エネルギーの消費が少ないことが特徴となる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7508

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com