仮想通貨アイオタ(IOTA)が一時急伸、インド大手のIoT導入などが刺激材料か

時価総額18位の仮想通貨アイオタ(IOTA)が前日比一時15%ほど高騰した。
直近の材料は以下のものが挙げられる。
1月30日、大手取引所Bittrexへ上場発表
これまで、IOTAはバイナンスUSやOKExなどの大手取引所ですでに取引されているが、米取引所に上場する事例は少なかった。
財団は本日、Coordicideのアルファネット0.1.0をリリースした。
また、IOTA財団が1月以降に新ロードマップを更新したことも後押しとなったか。IOTAの実利用に関するメインネットコードの予定表のほか、期待されている大型アップグレード「Coordicide」とその前準備となる「Chrysalis」が挙げられる。

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7472

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com