米政府、40億円相当のビットコイン売却へ 今月のオークションで

米連邦保安官局(USMS)が、犯罪捜査で押収したビットコイン(BTC)4000BTC超(約40億円)を、2月18日にオークションで売却する予定を発表した。
今回の発表によると、オークションでは、2500BTC、1000BTC、500BTC、40.54069820BTCの4ブロックに分けられるという。オークションに参加するためには、20万ドル(約2200万円)のデポジットを入金し、12日までに登録を済ませる必要がある。
USMSは2014年に初めてBTCのオークションを開催。当時の報道によると、著名投資家Tim Draper氏が、10回のブロックで合計約3万BTCを落札した。ダークウェブ「シルクロード」への調査で押収したBTCなどを対象に、その後もオークションは開催されており、最も最近では2018年11月に行われている。
関連:米連邦保安官局、オークションを通じて660BTC売却へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7456

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com