2019年の仮想通貨市場トレンド分析と、2020年の重要イベント|CoinGecko寄稿

先日2019年の1年を振り返るCoinGeckoの業界レポートの日本語版を公開しました。一年を通した市場の動き、取引所&ステーブルコインの動向、DeFi&Ethereum2.0解説、業界リーダーの20年の見通しと重要なイベント、ビットコインの10年の振り返り、他にもDapps、NFT、マスターノードなどのトピックについて具体的なデータを交えて振り返り、概観しています。その中で今回は内容の一部を紹介します。
レポートの本文はこちらからダウンロード可能です。
市場の動きとしては、2019年はビットコインが非常に強く、1年を通して95%の上昇。BCHとLTCも健闘しました。一方、トップ5コインのうちXRPが最もパフォーマンスが低く、一年で-45%。ETHも-2%で横ばい~微減でした。
19年は仮想通貨デリバティブが盛り上がった年で、デリバティブ取引所の数も現在の時点で25まで増えました。デリバティブ取引高は一日平均2.6兆円以上を記録し、年始から840%の上昇を見せました。2020年もデリバティブ取引所の数と取引高は増加していくと予想されます。
仮想通貨デリバティブの中ではビットコインのPerpetual Swap(無期限契約)が最も人気の商品で、リーダーのBitMexが全体の30%ほどの取引高シェアを持っています。今年はBitMexにBinanceや新興取引所がどこまで食い込めるかというのも注目です。
デリバティブ取引所の最新データは、CoinGeckoのデリバティブ専用ページから確認出来ます。
19年はステーブルコインも盛り上がりました。最大のステーブルコインであるUSDTが唯一市場規模のシェアを増し、圧倒的な存在感を維持しました。価格安定度の点ではDAIはその他の主要ステーブルコインと比較して価格変動が大きく、2019年には111回1ドルから1%以上の価格乖離が見られました。
2020年の重要なイベントとして、5月に推定されるビットコインの半減期が、ビットコインの価格やマーケット全体に与える影響が注目です。また、LibraのCalibraウォレットのローンチと中国の中央銀行デジタル通貨(DCEP)のローンチも今年中に予定されており、仮想通貨にも影響を与えると予想されます。
他にも重要なトピックやトレンドをデータや事実ベースでまとめていますので、是非こちらからレポートを直接ご確認ください!

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7389

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com