三井住友とSBI、ブロックチェーンで協業 キャッシュレス・貿易金融で

三井住友フィナンシャルグループとSBIホールディングスは、ブロックチェーンを利用した個人・企業に向けの金融サービス基盤を共同で構築する。三井住友FGが、SBI傘下のSBIとR3に出資を行い、企業向けの貿易金融、個人向けのキャッシュレス分野でブロックチェーン技術を活用したサービスの普及を行う。日経新聞が報じた。
個人向けのキャッシュレス分野については、三井住友銀行はRippleの技術を活用するマネータップに三井住友銀行が出資。24時間365日いつでも即送金、即着金ができることを特徴とするマネータップにメガバンクが参画する。
マネータップについては、SBIホールディングスの北尾社長は、昨年2月に掲載したコインポストインタビューで、マネータップ上で「XRP」を活用した外為送金機能の実装を検討している、とのコメントを行なっている。
関連:SBI北尾社長インタビュー
企業向けの貿易金融領域では、輸出入企業間決済を代行する「オープンアカウント取引」にブロックチェーン技術を導入。信用状(LC)も分散型台帳で管理するという仕組みを構築する。
貿易金融の領域については、R3がCorda上で大規模な金融試験を完了したばかり。
試験の結果、これまで紙やマニュアル作業に依存していた売掛債権の早期現金化に係る業務が、共通のユーザーインターフェースを通じて、認識相違なく迅速に完了出来ることを確認できた。さらに今回の取組みは、業務改善だけではない大きな可能性を秘めていると、SBI R3 Japan ビジネス開発部長の山田宗俊氏はコインポストの取材で語っている。
関連:ブロックチェーン×貿易金融 米R3、Corda上で大規模なトライアルに成功
参考:日経

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7354

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com