米NBA「キングス」がイーサリアムブロックチェーン導入 グッズオークションで活用へ

米プロ組織NBA所属のバスケットボールチーム「サクラメント・キングス」は、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンでスポーツアイテム用のオークションプラットフォームを構築するため、ETH関連のブロックチェーン企業ConsenSysと提携した。
本プラットフォームは15日にローンチされている。システムにはConsenSysがサポートするサプライチェーン向けプラットフォーム「Treum」を利用。
オークションアイテムを真贋鑑定し、取引履歴を記録して透明性の高い監査証跡を残す。またセールやローン、グッズの展示にも活用するという。
最初にオークションにかけられるのはBuddy Hield選手が試合で着用したジャージで、15日のダラス・マーベリックスとの試合直前に開始し、現地時間23時59分で終了となる。
オークションへはチームのホームページから参加できる。
収益はハリケーン「ドリアン」の救援活動に当てられるという。落札者はグッズだけでなく、権利証明書とアイテム内容が記録されたデジタルトークンを受け取る仕組みだ。
今回の提携におけるConsenSysの目的は、ブロックチェーンを活用して、米スポーツのコレクション市場に真正性を提供すること。スポーツグッズコレクションのデータベース「Collectable.com」によると、本市場価値は推定で年間54億ドル(約5900億円)に上る。
サクラメント・キングスは2014年、NBAで初めてビットコイン(BTC)による決済を導入した。2018年には「MiningForGood」というチャリティプログラムを開始。仮想通貨をマイニングし、その収入を教育プログラムに寄付に充てている。
また昨年、英ブロックチェーンスタートアップ企業「クリプト怪獣」と提携して、限定の仮想通貨関連のコレクターズアイテムをローンチ。さらにNBAで初めてブロックチェーンを使ったゲームアプリも製作した。
サクラメント・キングスの技術責任者は「我々は報酬プログラムなど、ビジネスで使う様々なプラットフォームにブロックチェーンを導入している。ブロックチェーンのソリューションを活用することによって、今ではファンもリアルタイムで、ゲームで使用された真正なアイテムを安全に購入できるようになった」と語っている。
関連:米NBA「キングス」、熱心なファンに向けた独自通貨発行を発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/7047

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com