取引所バイナンス、仮想通貨EOSの先物を開始 新規法定通貨対応も

バイナンスは、仮想通貨EOSの先物取引を8日17時より提供開始する。
取引ペアはEOS/USDT、最大75倍のレバレッジで提供する。
EOSの先物は6日のXRP先物に続く5つ目の先物取り扱いとなる。ビットコインのレバレッジは最大で125倍だが、アルトコインの出来高を踏まえた上で、他のアルトコイン先物と同じレバレッジを採用している。
現在Binance Futuresが提供する銘柄はこの5つ:BTC・ETH・BCH・XRP・EOS。
バイナンスは新たに2つの法定通貨に対応する。
ポーランドのPLNとスウェデンのSEKの2つだ。
この対応は板取引ではなく、販売所形式に該当する。ユーザーはVisaカードをバイナンスの口座に紐づけて、BTC・ETH・BNB・XRPを直接購入することが可能になっている。
すでに世界の20の法定通貨に対応しているバイナンスは今回の発表で22の法定通貨に増やし、引き続き対応銘柄を拡大中。最終的には全180の法定通貨の取り扱いを目指している。
参考:バイナンス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/6809

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com