仮想通貨宿泊予約サービス、12月のビットコイン利用率は25%超え

仮想通貨で決済できる宿泊予約サービスTravalaは2019年12月の利用データを公開。売り上げが急上昇したほか、仮想通貨によると決済が60%を超えたことが判明した。
公開した資料によると、12月において、予約における決済手段の6割以上が仮想通貨で、最も利用された銘柄はビットコイン(28%)だ。そして二番目がTravalaの独自通貨AVA(9%)で、三番目はビットコインキャッシュで8%にとどまる。
他にも、ETHやBNB、DASHも利用されていた。上述の銘柄以外にも、XRPやLTC、XLMやADAなども利用することが可能で、計21銘柄に対応している。
また、仮想通貨以外の決済手段はクレジットカードやPayPalに該当し、全体の37%を占めている。
12月は、多くの欧米国ではクリスマスと新年に際する冬休みであり、宿泊客の最も多い旅行のシーズンだ。その上に大手宿泊サイトBooking.comとも提携しているため、売り上げは11月比で33.5%増加した。
最も利用客の多かった国は、アメリカ、イギリス(UK)、イタリア等だという。
参考:Travala

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/6788

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com