バーガーキング、「ベネズエラ」でもビットコインなど6種類の仮想通貨決済を導入

ベネズエラ国内の「バーガーキング」が、ビットコイン(BTC)やEthereum(ETH)、BinanceCoin(BNB)などの仮想通貨決済を開始する計画が明らかにした。中南米でビットコインATM事業を展開する「Cryptobuyer」と提携して計画を進める。
昨年12月31日からベネズエラの大都市カラカスのショッピングモール内の1店舗で試験的な導入が開始されており、2020年内に国内の40箇所全ての店舗で仮想通貨決済を開始することを目指している。試験導入ではBTC、Ethereum(ETH)、Litecoin(LTC)、Tether(USDT)、BNB、DASHの6通貨での決済が可能だ。
バイナンスCEOのCZはこのBNBの採用に対し、Twitterで「バイナンスバーガー(BNBurger)を食べるつもりだ」と反応、採用通貨への感謝の意を表した。
バーガーキングはスロベニア、ドイツ、オランダでもビットコインやビットコインキャッシュ(BCH)などの仮想通貨決済に対応しており、世界的な決済導入を進めている。
関連:スロベニアの「バーガーキング」 ビットコインキャッシュ(BCH)などの仮想通貨決済に対応
ベネズエラではハイパーインフレが続き、政府が原油を裏付け資産とした仮想通貨「ペトロ」を発行するもあまり普及が進まないなど、仮想通貨の実需が大きい状態にある。
今回バーガーキングと提携したCryptobuyerのCEO Jorge Farias氏はこれについて以下のように述べている。
参考:Dash公式ブログ|DashとCryptobuyerがバーガーキングベネズエラにサービスを提供するためのパートナーシップを発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/6753

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com