仮想通貨取引所Huobi Global、インドネシアの法定通貨に対応

大手仮想通貨取引所Huobi Globalは27日、インドネシアの子会社Huobi Indonesiaで、法定通貨ルピア(IDR)の取り扱いを開始することを発表した。
本サービスで利用できるのは
ルピアとテザー(USDT)のペア(販売所形式)。ルピアを入金し、テザーと交換することによって、Huobi Globalが取り扱う250超の銘柄の取引は可能になるという。
取引所を設立するためのプラットフォーム「Huobi Cloud」のシニアディレクターDavid Chen氏は、「法定通貨の取り扱いを増やすことは、Huobiの国際戦略の1つだ。世界の重要な市場において、現地の有力なパートナーと協業するというHuobiの取り組みを反映している」と説明している。
Huobi Globalの法定通貨への対応は、アルゼンチン、韓国に続き、今回で3カ国目。担当者はTheBlockに対し、
2020年はトルコやロシアといったキープレーヤーとなる市場で、法定通貨の取り扱いを展開していく予定だと明かした。
グローバル系大手取引所は続々と法定通貨対応に取り組んでいる。バイナンスもインドネシアやトルコ、南米国など新興国の法定通貨に対応し始めた。自国通貨が不安定な新興国からのマネーフローが今後仮想通貨市場の流動性を高めていくと見込まれている。
関連:東海東京、仮想通貨サービスを地銀にも提供へ Huobi日本法人への出資・連携で
関連:バイナンス、板取引のトルコリラペアに仮想通貨XRP(リップル)とETHを追加

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/6655

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com