仮想通貨ADA、テストネットが好調推移 インセンティブ設計が影響か

カルダノ(ADA)の技術開発機関IOHK最高責任者Charles Hoskinson氏は、Shelleyテストネットワークに関する最新の進捗状況を伝えた。
主な要旨は以下の2点だ。
16日にカルダノが報告した「Shelley」テストネットの稼動時で、登録されたステークプールの数は240。約10日間で約2倍水準まで増加したことが明らかになった。
テストネットの運用だが、実際の仮想通貨を稼げるインセンティブの設計を取り入れたことが運用推移の好調さに繋がっていると見られる。
PoolToolのデータによると、テストネット上でステーキングを行なっているテストネット用ADAは90億ADAに到達。ADAの総発行数の約29%にも相当するという。
Hoskinson氏は「当初はEmurgo、IOHK、カルダノ財団以外には約25〜50の登録プールを予測していたが、500に増加したとは開発の励みになる」とコメントした。
ロードマップによると、今回のテストネットは、独自かつ世界で初めて学術的に安全性が証明されたPoSアルゴリズムである「OUROBOROS(ウロボロス)」の実証実験を行うためのもの。ウロボロスを設計する上で必要なゲーム理論を機能させるため、テスト環境でもインセンティブが組み込まれるテストネットを公開する。
ステークプール・ステークの委任では、カルダノのステークプール運用者が代理でステーキングを行う仕組みを取る。ステークプールからのステーク量が多いほど次のブロック作成者となる確率が高くなり(上限あり)、ブロック作成報酬はステークプールにステークを委任した人にも分配される仕組みだ。
なお上記のアップデートのほか、最新版ウォレットDaedalusの安定性向上とUX機能改善にも着手しているという。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/6650

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com