中銀のトークン発行で仮想通貨ネムのカタパルト採用事例=NEM財団理事長

東欧リトアニアの中央銀行が、トークンの発行領域で仮想通貨ネムのブロックチェーンを応用することがわかった。来春に予定する「デジタル・コレクターコイン(
LBCoin)」発行で利用する。
ネム財団のTinsman理事長に取材を行なったところ、仮想通貨ネム関連の新ブロックチェーン「カタパルト」を利用することを明らかにした。
当該トークンは世界で初めて中央銀行・政府が、「デジタル・コレクターコイン」として発行されるもので、1918年2月16日のリトアニア独立法と、それに署名した20人に対する記念通貨の受け渡し方式に、ブロックチェーン発行のトークンを用いた新たな施策として取り込む。
具体的には、コレクション要素を持つ記念通貨を取得するためにランダム発行されたデジタルトークン(仮想通貨)を収集するゲーム要素を追加する。購入者にはランダムに独立の英雄を代表するデジタルコインを割り当てられ、6つのカテゴリーのコインを収集することで、物理的な記念銀貨と引き換える権利が与えられる。
以下が実物で、サイズと形はクレジットカードに類似。一般的な通貨に置き換わる中銀デジタル通貨(CBDC)には該当しない。
デジタルコインと記念コインのコンセプトは、第一世界大戦時に、ドイツ軍の占領から独立した年「1918年」を記念するもので、19.18ユーロの額面の銀貨として発行される。
発表では、リトアニアの中央銀行はネムブロックチェーンを利用しプライベートウォレットでトークンを管理するが、いずれネムのパブリックウォレットに移す予定であることを明かしている。
来年Q1(2〜3月の間)にメインネットのローンチを控える
カタパルトを利用していることがわかった今回の事例、中銀が関与していることだけでなく、これからローンチするカタパルトが採用された事例ということで、業界の関心度は高まるだろう。
中銀としてはブロックチェーンに対する学習過程としてプロジェクトを採用した経緯があり、今後のブロックチェーン施策にも含みを持たせている。
参考:公式発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/6203

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com