仮想通貨取引所Huobi、中国経済圏構想「一帯一路」の5ヶ国とブロックチェーン技術で連携

大手中華系仮想通貨取引所Huobiを有するHuobiグループは、中国の「デジタル資産新興地域」海南省で主催するカンファレンスで、5ヶ国とブロックチェーンの推進に関するパートナーシップの覚書を締結した。
5ヶ国はマレーシア、バーレーン、インドネシア、カザフスタン、シンガポールで、これらは中国が提唱するシルクロード巨大経済圏構想「一帯一路(One Belt One Road)」の出資先でもある。
Huobiの責任者によれば、上述の国はHuobi独自のパブリックブロックチェーンを活用する。今年の9月に、独自チェーン「FinanceChain」のメインネットをローンチしたばかりだ。来年には、「Huobiクラウド2.0」という新たなパブリックブロックチェーンをローンチする予定としている。
Huobiは中国政府と緊密にブロックチェーン推進事業を行なっている。先日、中国の国家情報センター(SIC)によって開始された業界団体「ブロックチェーンサービスネットワーク(BSN)」の最初のメンバーの1つとなった。
参考:jinse.com

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/6025

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com