仮想通貨取引所バイナンス、中国北京のdApps企業を買収

最大手仮想通貨取引所バイナンスは、中国北京を本拠地とするdApps関連企業「DappReview」を買収した。バイナンスの「TrustWallet」ウォレット事業創設者Radchenko氏がCoinDeskの取材で明かした。
Radchenko氏によると、TrustWalletはDappReviewのAPIを利用し、新たなdAppsやブロックチェーンゲーム、DeFiなどの分野に開拓する事業方針をしているという。
買収金額は明かされていないが、この買収を通じて、バイナンスの関連子会社が北京に誕生することになる。
バイナンスのCZは先月、上海オフィスの「閉鎖」をめぐる報道を否定、中国には事務所を置いていないと明確にしているが、これらの買収を経て、HuobiやOKExと同様に、水面下で中国政府との連携など、活動が活発化する可能性も見込まれる。
参考:Coindesk報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/5935

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com