薄氷上で乱高下するビットコイン、BakktのBTC現渡しは伸び悩む|仮想通貨市況

東京株式市場は、米経済指標が市場予想を下回ったことで、再びリセッション(世界経済減速)懸念が台頭。300円超の大幅下落を見せた。
仮想通貨・ブロックチェーン関連銘柄では、スマホ向けゲーム「ぐでたまクエスト」のほか、株式会社セレスと共同開発するブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」などを手掛けるグッドラックスリーが、2日付の「官報」における決算公告にて、最終損益6,000万円の赤字を計上している。
くりぷ豚は、従来のコレクティブルゲームから育成・レース要素を加えた大型アップデートが好評を博しており、仮想通貨イーサリアム(ETH)が入手できる重賞レースのほか、バーチャルなレースでリアルな豚肉が入手できる大会なども開催している。
仮想通貨市場では、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が設立した仮想通貨取引所Bakktは、先週(27〜28日)、過去最高出来高となる5671BTCを記録。過去最高記録であった(22日〜23日)2728BTCから+105%となった。
しかし、精算時のビットコイン「現渡し」に関しては、10月計15BTC、11月14日までには17BTCに留まるなど低迷しており、先物トレーダーの性質上、「現金決済」が大半になるという。
これについて仮想通貨アナリストのAlex Krugerは、「現時点では、現金決済型のCMEのビットコイン先物とさほど変わらない」との見解を示している。
なお、Bakktは、BTC先物取引を基にしたビットコインオプション取引のサービスを、12月9日からICE Futures U.Sに上場予定だ。BTC先物取引を基にした規制準拠のビットコインオプション取引は業界初となる。
HashHub傘下のリサーチ会社d10n Labは、海外トレーダーShariq氏のツイートを引用し、バイナンスの売上高が市場最も早いスピードで「$1 billion(約1,000億円)」に達していることに言及した。同水準を超える速度では、Googleの5年、Facebookの6年を大幅に上回っている。
バイナンスは2018年、純利益が最大10億ドル(約1100億円)に達するとみていることがブルームバーグのインタビュー中に業績の見通しとして言及されたほか、取引所トークンBNBのバーン量から推定した今期利益は、1,86億ドル(約200億円)に達したことがわかっている。
CZ氏は公式ブログにて、マージントレードなどの新たな事業の成長が、バーン数量の増加に貢献したとしている。
仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比0.68%安の80.3万円(7350ドル)に。
4h雲下から反発し、薄氷の上を推移しているような状況にあるが、反騰時の戻り売りも強く、レンジ内で乱高下しているような状況にある。
方向感さだまらぬ中、時間足では、22日から28にかけて作った逆三尊ネックライン付近で推移しており、下は日足の実体6900ドル、上はサポレジ転換した戻り高値7700〜7800ドル、及び11月の上値抵抗線(図①)を抜けられるかどうかが焦点となりそうだ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/5922

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com