フォビ、中国政府との関係をさらに強化──国家主導のブロックチェーン・アライアンスに参加

フォビ・チャイナ(Huobi China)は中国政府が支援するブロックチェーン・アライアンスに参加した。同アライアンスは中国で最も影響力を持つインフラ・サービス・プロバイダーの1つとなることを目指している。,フォビ・チャイナは、ブロックチェーンベースド・サービス・ネットワーク(BSN)ディベロップメント・アライアンスへの参加を12月1日(現地時間)、中国南部の杭州でのローンチ時に発表した。同社がCoinDeskに語った。,BSNは、同国最高レベルの中央計画機関「国家発展改革委員会」傘下のシンクタンク「国家情報センター(SIC)」が主導、ブロックチェーンを使用する中国の組織、あるいは国際組織に対してインフラサービスを提供することを計画している。,BSNはもともと、SIC、中国移動(China Mobile)、銀聯(Union UnionPay)など6つの組織が設立した。,スマートシティ管理といったプロジェクトのために中国の54都市、さらに香港、シンガポールでもテストを行う予定と中国銀聯(China UnionPay)の時文朝総裁は10月、テストを発表した際に語った。,「アプリ開発では、一般にアンドロイドとiOSが想定される。我々は皆が独自ブロックチェーン技術の開発を考えた時に、BSNが一番に頭に浮かぶことを願っている」,フォビ・チャイナは2017年の仮想通貨の取り締まり以降、中国国内での仮想通貨取引から脱却し、ブロックチェーン・サービス・プロバイダーとしての地位を確立しようとしている。,同社ウェブサイトによると同年、フォビはグローバル展開を開始し、仮想通貨取引事業をシンガポール、日本、韓国に移管、それぞれ現地で事業を展開した。,中国南部の海南省に本社を置くフォビ・チャイナは2018年11月、ブロックチェーン子会社「Beijing Lianhuo Information Services LLC」に
中国共産党委員会を設立することで中国政府との関係を強化した。,翻訳:CoinDesk Japan編集部

編集:増田隆幸

写真:Shutterstock

原文:
Huobi Says It’s Joining a Chinese Government-Led Blockchain Alliance,

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/5903

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com