投資の神様とのランチ、仮想通貨トロン創業者の腎臓結石で延期に

トロンの創業者兼CEOのジャスティン・サン氏と”投資の神様”ウォーレン・バフェット氏とのランチが延期されたことがわかった。中国のSNS「weibo」でのやり取りによると、サン氏が突発性の腎臓結石を患ったためで、バフェット氏も了承したという。

buffet lunch

容体は現在回復してきているが、体調面の問題からランチは延期せざるを得ないという。

サン氏は6月、バフェット氏とランチできる権利を456万7888ドル(約5億500万円)で落札。現在までに 仮想通貨トレーディングプラットフォームeToroの創業者兼CEOであるヨニ・アッシア氏を招待。さらにバイナンス・チャリティー財団のヘレン・ハイ氏やステーブルコイン「USDコイン(USDC)」を発行する米仮想通貨決済企業サークルCEOのジェレミー・アレール氏、ライトコイン創設者チャーリー・リー氏などが招待されている。

バフェット氏とのランチの日は7月25日で、場所はサンフランシスコにあるミシュランの三つ星店、クインス(Quince)で予定されていた。バフェット氏は、コカ・コーラとステーキ好きで知られている。

ソース : https://jp.cointelegraph.com/news/justin-sun-to-reschedule-warren-buffett-charity-lunch-for-medical-reasons

転載する場合は、出典を明記してください: https://www.uufin.jp/archives/567

Contact Us

Mail:uucjnews@gmail.com